苦手な英語の授業

日本に住んでいると生活の中で、英語を使うという場面に出くわすことがありません。実際、私の生活でもそうだったんですが、中学3年生になったときに、英語の授業にアメリカ人の先生が加わるようになりました。日本人の英語の先生のサポートとして入っていたようですが、その先生とのコミュニケーションの時には英語を使わなければいけませんでしたので、初めて本当に英語を使ったのは、おそらくその時だったと思います。

もちろん授業中だけでのコミュニケーションということだったのですが、今までの日本人の英語の先生との発音の違いに驚いたのをよく覚えています。文法は苦手でしたが、リスニングの方は、それほど苦になった記憶はありませんでした。それでも、そのアメリカの先生の発音を聞き取るのは、本当に苦労しました。苦労したというか、ほとんと聞き取ることができませんでした。

これは、単語を知らないというよりも、いつも聞いている英語との違いがかなりあったので、分からなかったのだと思います。というのは、どこに住んでいるのか?どんな趣味があるのか?などの簡単な質問ですら、きちんと聞き取ることが出来なかったからです。その先生は、卒業までの1年間授業に参加されていましたが、正直言うと、その先生が来るときの英語の授業は、すごい苦手で学校を休みたいと思うほどだったのを覚えています。

人によっては、こうしたネイティブとの接触によって、勉強しようという気持ちが強くなるのかもしれませんが、私にとっては全くの逆効果だったようで、英語がさらに苦手な教科になってしまいました。それでも、中学2年の時のリスニング力より、中学3年のときのほうが良くなっていたので、そのアメリカ人の先生のおかげかなと思います。その時には、決まりきった答えでしか、返答できませんでしたが、良い経験になったと思います。

このページのトップへ