曲を使った勉強をしてくれた

中学の英語の授業は、あまり好きではありませんでしたが、英語の先生は嫌いではありませんでした。人格的にも良い人で、一生懸命教えてくれ、生徒が英語が好きになるように工夫をされていたと思います。結局、個人的には卒業まで英語が好きにはならなかったので、その努力も上手くいかなかったと思いますが・・・。

その先生がよく使っていた方法は、ビートルズの歌を使って英語を覚えていくという方法でした。ですから、英語の授業で、よく歌を歌ったことを覚えています。後になって分かったのですが、その先生は特に「ビートルズ」が好きだっただけのようで、ビートルズ以外の楽曲が授業に登場することは、ほとんどありませんでした。

授業では、ビートルズの歌を流してから、歌に使われている英語を使って文法説明してもらいました。 文法書のような難しい説明はなくて、自然に文法の知識が頭に入ってきました。 実は、そのときに先生に教えてもらった方法が書かれたサイトを発見してしまったのです。

本当になつかしいです。 それと当時教えてもらったことは、先生が生徒全員にできるようになってほしいという願いの元、いろいろ工夫して授業をしてくれていたんだなあと改めて確認できました。 本当にいい先生に出会えてよかったです。 中学の時は英語が苦手だったのですが、先生のおかげで英語が嫌いにはなりませんでした。 そのおかげで、社会人になってから海外で話すことができるようになりました。

ビートルズには、200ほどの楽曲があるようですが、私が中学生の時に歌った曲は、数十曲だったと思います。例えば、「All You Need Is Love」「I Want to Hold Your Hand」「Obladi Oblada」「All You Need is Love」「Let It Be」、他にはジョンレノンの「Please Please Me」「Because」などなど、いろいろな楽曲を授業中に歌いました。

中には授業で使うには、「どうなのかな〜?」と感じるようなメッセージ性の強い曲もありましたが、これらの曲については今でも歌うことができますので、いくらかの効果があったように思います。しかし、中学生の時には、歌詞の意味を良く考えずに歌っていたので、後になって「そんな意味だったのか〜」と驚くこともありました。授業の際には、きちんと歌詞の意味まで説明されていたのですが、よく記憶しようとは思わなかったので、やはり英語は好きではなかったのだと思います。

それでも、あの先生でなかったとしたら、英語のことをもっと嫌いになっていたと思いますので、今ではとても感謝しています。大人になってからも、この英語の先生との関係は続いていて、時々友人たちと一緒に先生に会って話したりもしています。

このページのトップへ